その光と影

恥ずかしながら、ラフマニノフなんて全然知らなかったのに、この映画を観て以来何度このサントラを聴いただろうか。

奇しくも主人公の生い立ちや挫折の仕方とかに、共感できる部分があったのと、出てくる音楽すべてが「完璧じゃない」ことが逆に新鮮で、かつ気持ちよく聴くことができるのです。

とはいえ、フジコさんもそうだけど、人間味溢れる演奏ってこういうことなんだなぁ、って思います。あぁ、私ももう一度ピアノ弾きたい。っていうか最近チェロも習いたい!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック